先輩の声

Webエンジニア

今のお仕事を教えてください

一言で言うとなんでもやっています。
サーバーサイド側のプログラムを要求されれば、サーバーサイドのプログラマーとなり、
そのシステムの要件を満たすためのシステム全体のネットワークの構成を考え、
ミドルウエアや負荷対策のための構成などを練りますし、
ゲーム全体の設計や実装に関して他のエンジニアと話し合ったりして煮詰めたりもします。
クライアントのプログラムを要求されれば、クライアントプログラマーになります。

その傍ら、新人のエンジニアの教育やプログラムに関する質問などにも回答しながら、
技術陣の底上げを目指して日々過ごしています。

今のお仕事のやりがいを教えてください

仕様書がカバーし切れていない部分を補完し、煮詰めて行く際に
チームやエンジニアの意見が採用されてる可能性が高いことです。
ただし、言った人が実装することになるため、
期日が迫っているときに発言すると自分自身を追い込むことになることもあるわけですが(笑)

また、実際に自分が担当する箇所に携わる部分に関しては、
新しい技術やアイディアなどを積極的に採用することができる点です。
ただ、ひたすらにいにしえの技術を使い続けることに飽きている好奇心旺盛なエンジニアであれば、
実践投入をしながら、経験を積むことができる楽しい環境なのではないかと思っています。

ファイブスターズゲームの良いところを教えてください

設立してから急成長していますが、非常に若い会社なので、
従業員も1フロア内で全て見渡せる状況にあります。
簡単な仕事上のやりとりであれば、敢えて会議をせずとも、その場で打ち合わせができる。
まあ、つまるところコミュニケーションはとりやすいところでしょうか。会議自体は非常に少ないですね。

また社内にいる人間は分野別にマニアックな人間も多数いるので、
ディープな雑談ワールドにどっぷりとつかることもできます。
社長も気軽に話しかけてくるので、その光景は一見するとカオスな状況に見えるかもしれません(笑)

将来の夢を教えてください

より多くの作品の開発に携わり、
より多くの作品がファイブスターズゲームの社名でリリースされることです。
有名なタイトルを排出できるにこしたことはありませんが、
しっかりと内容が伴った見た目だけではない作品や、挑戦的・前衛的な作品も
出せて行けたらなと思っています。

また、個人的に作った作品を提案し、ブラッシュアップできそうなら、
弊社のタイトルとして軒を連ねる1つとし、そうでないなら、自分自身で世の中に排出し、
サラリーとは別枠の収入源として確立していくスタイルなどができたら面白いかなと思っています(笑)

Webエンジニアのとある一日

フロントエンジニア

今のお仕事を教えてください

今で言う「フロントエンジニア」と言う位置づけなんでしょうか。
仕事の内容は様々な分野と連携し制作していくことがほとんどです。
バナーの制作から、画面デザインやUI設計、HTMLやCSSのコーディング、javascriptやactionscriptの実装など。
特に仕事の制限はありません。

画面デザインやUIなどについてはデザイナーやディレクターと連携して進行していきます。
画面制御やデータ連携などについてはプログラマーと相談し実装の方法やデータ設計部分まで入り込んで進行していきます。
常に「ユーザーがどう感じるか」を考え、プロジェクト全体として良い方向に向かうように取り組んでいます。

今のお仕事のやりがいを教えてください

新しい技術や考え方に触れ、その内容を吸収していることがやりがいです。
新しい技術と言っても最先端の技術以外でも、今まで自分が触れたことのない言語だったり、
考え方だったりいろいろあります。

様々な分野のメンバーと連携しなければいけない分、いろいろなことに触れられる点はとても幸運な仕事だなと感じます。
デザイナーからはデザインの注意するべき点が聞けたり、ディレクターからはゲームのバランス調整の考え方が聞けたり、
プログラマーからはデータ設計、プログラム設計の思想が聞けたり。
プロジェクトの開始時と終了時では、確実に成長していることが実感できることもやりがいです。

ファイブスターズゲームの良いところを教えてください

新しい技術やツールに挑戦する環境があり、働きやすい会社であることだと思います。
自分が持っている技術以上のことに挑戦し、どんどんスキルアップすることができます。
様々な会社で働いた経験があるのですが、今までの会社で成長したスピードより、
ファイブスターズゲームで成長したスピードの方がはるかに早いと感じます。
また、成長したことを自ら実感することができる点もすばらしいことだと思います。

働きやすさで言うと、休みを自由に取れる環境があることだと思います。
事前にプロジェクトチーム内で共有することで休みやすくしているため、休めないと言うことはないと思います。

将来の夢を教えてください

ゲームやサービスに限らず、納得のできるタイトルを制作したいと思っています。
カテゴリにこだわらず、アプリやWEBサービスなど達成感は様々です。
ゲーム名やサービス名を言えば誰もが分かる。そんなゲームやサービスの開発に携わりたいと思っています。

フロントエンジニアのとある一日

プランナー

今のお仕事を教えてください

仕様書の作成、制作進行、イラスト・UIの発注・チェック、レベルデザイン、テキストライティングなど、
色々と担当しています。ゲームの全体から端まで見て、バランスを取っています。
担当プロジェクト以外のプロジェクトのヘルプに入ることもあります。
少し余裕ができた時などは新規プロジェクトの立案も随時行っています。
ジャストアイデアをわかりやすい形にまとめ、提案しています。

また、情報収集は毎日しています。何が求められているか、何が流行りそうか、何がまだ世に出ていないかなど、
日々考えながら生活しています。

今のお仕事のやりがいを教えてください

特定の何かをずっとやるというわけではなく、
状況に応じて瞬時に頭を切り替えて対応する力が求められるので、とてもやりがいがあります。
他のメンバーと一緒に作業を行うことも多いのですが、
お互いに試行錯誤しながら完成まで漕ぎつける過程はとても素晴らしく、最大の魅力です。

また、常々考えている"ユーザーに楽しんでもらいたい"という想いを実際にゲームに乗せることができます。
自分の「面白い」がユーザーの「面白い」に変わった瞬間は言い換えようのない幸福です。
独りよがりにならないように常に注意が必要ですが、ゲームを作っているという感触が直に伝わってくるため、
とても充実感があります。

ファイブスターズゲームの良いところを教えてください

まず、風通しが良いところです。若手の意見もバシバシ通ります。
「やりたい」「こうしたい」と思ったことをすぐに発言でき、それを行動に移すことができます。

若手でも責任のある仕事を任されます。
当然初めてのこともあるのでわからないことやつまずくこともありますが、
すぐ隣にはそれぞれの分野のプロフェッショナルがおり、気軽に質問できる環境にあるのも魅力です。

なにより、ここに集まったメンバーは人一倍ゲームに対する想いが強いので、
ディスカッションからちょっとした会話まで非常に内容が濃いです。
メンバーが全員同じぐらい熱く燃えているので、最後の最後まで拘りぬくことができます。

将来の夢を教えてください

子供から大人にまで愛され、誰に聞いても「知ってる」と答えてもらえるようなゲームを作りたいです。
また、ゲームを原作としたマルチメディア展開やオフラインイベントを開催して、
より多くの人に触れてもらい、より多くの人の笑顔を見たいです。

将来的にはオンラインゲームだけでなく、コンシューマ、アーケード、教育用など、
様々な形のゲーム開発に携わりたいです。ユーザーと一緒にゲーム業界全体を盛り上げていけるような、
そういった取り組みをしたいです。

とにかく夢は尽きないですが、その夢を実現に向けて行動することができるのが、
ここ、ファイブスターズゲームだと思います。

プランナーのとある一日

ディレクター

今のお仕事を教えてください

主にゲームの開発や運営にかかわるディレクションを行っています。
企画書や仕様書の作成、データ設定・分析などを行いつつ、
プロジェクト全般の開発・運営スケジュールに合わせて、メンバーへの作業指示および進捗管理を行っています。

また、企画を行う際には、ユーザーにとって"遊びやすい" "面白い"と感じられるような体験に
落とし込むことを日々心がけています。社内だけでなく、プロジェクトに関わる関連会社の担当者との
調整・対応も行う機会も多く、打ち合わせの他、電話やメールでの対応・チャットツールも併用しながら
適時円滑なコミュニケーションを図っています。

今のお仕事のやりがいを教えてください

自ら考えた企画やサービス内容が直接ゲームに反映されるため、
設定一つ一つに対しても日々試行錯誤することも多いですが、
開発したものがリリースされ、プレイしたユーザーから「楽しい」、「面白い」といった反応をいただけると、
次もがんばろう、もっと良いものを作ろうといったモチベーションのアップにも繋がります。

もちろん中には失敗したこともありますが、挑戦そのものを奨励する社風もあり、
やる気次第でいろいろな事にチャレンジでき、どんどん新しい技術や知識、経験を積むことができます。
さらにそれらを活かすことができる環境であり非常にやりがいがあります。

ファイブスターズゲームの良いところを教えてください

プランナー、デザイナー、エンジニアといった枠や経験にとらわれず、
常に意見を出し合ってより良い物をつくろうという意識が非常に高いと感じています。

また、それほど大きな会社ではないので、顔は見たことあるけど名前がわからない・・といったこともなく、
スタッフ同士の距離が近いのも特徴ですね。
やるべき業務は当然しっかりと行いますが、時には談笑したり、
何かわからない事があっても気軽に聞ける雰囲気なのも良いですね。

あとはやっぱりエンターティンメント業界なので、ゲームや漫画が好きな人が多いです。
自分も大好きなので、そういった話題で盛り上がれることはすごく楽しいですね。

将来の夢を教えてください

当然ながら、会社としてももっと業績を伸ばしていきたいと考えています。
個人としてもプロデューサーになって有名なタイトルを多く作っていきたいと思っています。

昔からゲームが大好きで、学生時代は毎日学校帰りにゲームセンターに通うくらいでした。
子供の頃の将来の夢はゲーム開発者になることでしたので、ある意味夢は実現しているようなものですが、
今後は自分の人生の目標となったこの「ゲーム」というジャンルをより楽しく多くの人に
楽しんでいただけるようにもっと業界自体を発展させたいです。
その為にももっと研究を重ね、より面白い物は何かを追及していきたいと思います。

ディレクターのとある一日